無料
エロ
動画

無修正

無修正はおいしい栗に元気なリスが沢山集まるコミュニティ・スポットなのです。


無修正を見たい人
無修正サイトの大会で最優秀を貰いました。


おまんこを見たい人
おまんこウェブランキングで第一のサイトです。


覆い隠す全てのものを取り払うと本当に見たいものだけが残る。一番見たかったワレメを心ゆくまで見て欲しい。インターネットはその夢を100%かなえてくれます全ては無料だからゆっくりと楽しんで欲しい!

厳しい夏はまだ続く…勢力強い太平洋高気圧---002

 例年、梅雨明け後の列島は太平洋高気圧に覆われ晴天が続く。今年の猛暑は太平洋高気圧の勢力が強いのが原因だが、フィリピン近海の高水温の影響を指摘する。

 「7月上旬まではフィリピン近海の上昇気流が少なかったが、中旬に入って海面からの上昇気流が強くなった。この傾向は当面続くだろう」と話す。

 太平洋高気圧は、赤道付近で暖められて上昇した空気が上空で行き場を失い、日本の南東の北緯30度付近で下降して作られる。空気の塊は下降しながら、圧縮されて暖まる。今はさらに、フィリピン近海で上昇した空気による下降気流も加わり、太平洋高気圧の勢力が強まっているというわけだ。

 また、ロシアの熱波など世界的な異常気象の原因となった偏西風の蛇行も、日本の猛暑に関係している。日本付近では北に蛇行しており、高気圧が本州を覆う気圧配置となっている。



厳しい夏はまだ続く…勢力強い太平洋高気圧---001

関東などが梅雨明けした17日以降、連日の猛暑に見舞われている日本列島。

 一方で、上空に寒気が流れ込み、局地的な激しい雨も観測された。厳しい夏はまだ続くのだろうか。

 気象庁は関東甲信と東海地方では、7月末までの気温は平年より高く、最高気温が35度以上の地点もあると注意を呼びかけている。8月23日までの1か月予報では、全国的に暑くなる可能性が高いと予想し、同庁気候情報課の竹川元章予報官は、「9月に入っても暑い日が続く」と話す。

 「猛暑をもたらす高気圧の勢いは、当分衰えない。厳しい夏になる」と言う。


理屈が無い、疾走していた。〜text002

何が違ったか?空気である。

理屈が無い、疾走していた。弱く、だらしなく、心地よく、そして力強く。

このあたりからグランジは急速に若者に支持される。

吹け上がりきらないエンジンのようなノイズがきもちいい。

今となっては伝説となった一人のグランジロッカーとの決別が

このシーンをメロコアへと意向させたように思う。

時代はスノーボード元年、1992年。街ではスケートボードのフリースタイルを

プレイするスケーターがあふれている。彼を振り返る余裕があの時は無かった。

スキー場がスノーボーダーで埋め尽くされる。テンションを上げるためのツールとして

後者の音楽は不可欠なものだった。

2000年前後に隆盛期を迎えるヒップホップは一部のコアなファンを除けば

当時はまだマイノリティであったとおもう。

横ノリのギターサウンドはテイストとしていまだに様々な曲が生み出す

方法(スタイル)として定着している。






理屈が無い、疾走していた。〜text001

ダイナソーjrの「Green Mind」を聞いている。

1991年のクレジットだったと思う。

この時代はまだメロディー・コア(以降メロコア)という言葉は

無かった。グランジロックの産声がこだまする頃だろう。

メインストリームのロックが出しつくした中、

「底辺」がいきなり首をもたげた。

1977年、パンクスを初めて知った若者は

もしかしたらこんな気分だったんではないかとあとで思った。

それまでメタル、スラッシュと技術によってその価値観を

維持しようとしたビッグ・ネームのミュージシャンとは明らかに違っていた。

(つづく)

90年代の音楽

もう15年〜20年が過ぎてしまうのだ。

例えば1995年前後が自分にとって一番記憶に残るものが多かったように思う。

ジャミロクワイを今年も聞いている。

ファンクはこんなにも無臭になったと嘆く人も多かっただろう。

しかしそれは新しかったのだ。戸惑いをふくめてそれは衝撃的だった。

こんなにも涼しげなグルーヴがクーラーの効いたフロアに、車内に広がる。

深い呼吸をするのに必要な時間がある。

今思えば彼のダンスは単調でけして旨いとはいえなかった。

しかしかっこいい。枯れの履いているシューズと同じものを手に入れて

街を歩きたくなる。

夏だからなのかもしれない。





夏になると雷〜その2

アメリカで研究のために竜巻の撮影に挑む人々や

潮の満ち引きの関係で河口から潮が逆流する現場を観察する人々が

テレビの世界ニュースの特集などで放映されることがある。

おかしいと思う反面、気合の入れ方は弱いが、自分も同じ部類ではないかと感じる。

自然のダイナミズムに魅了されるのは人間のさがなのではないだろうか。

海を幼年期の記憶としてしらないまま過ごした自分にとって

自然から受ける畏怖たるものが、落雷であったり、河川の増水であったり

はっきり言って穏やかなところではない。

しかし生きることの生命の危機に関わるような自然現象に興味を持つことは

悪いことではないし、逆に自然ことではないかとさえ思う。

自宅の二階の窓から灰色の曇った雨雲が西の空に見え始める。

今度の雷も良いものがやってくるように思える。



夏になると雷〜その1

夏になると雷が鳴る。

不謹慎に聞こえるかもしれないが

私は雷が大好きである。

圧倒的な光と大きな音は、例えば夏の風物詩に挙げられる

海や花火よりも好きだ。

雨が降り出す前にやってくる雷は非常に危険だ。

直接地上に落雷するからだ。特にその一発目が危険。

中学生の頃自宅に軽く落雷したことがある。

全ての窓がバチッというおおきな音と同時にひかり、それとほぼ同時に

巨大な落雷音に見舞われる。

そのとき主な家電製品は無事だったが、電話機だけが故障した。

あの高揚感は鬼気迫るものがある。

今思えばかなり至近距離に落雷したのを今まで何度も目の当たりにしたことがある。

以前の職場の一区画先の看板の避雷針に帯の幅で落雷したのを見たり

自宅の二階から、通りをはさんだ向こう側の電柱の変圧器に直撃するのも見た。

close