無料
エロ
動画

無修正

無修正はおいしい栗に元気なリスが沢山集まるコミュニティ・スポットなのです。


無修正を見たい人
無修正サイトの大会で最優秀を貰いました。


おまんこを見たい人
おまんこウェブランキングで第一のサイトです。


覆い隠す全てのものを取り払うと本当に見たいものだけが残る。一番見たかったワレメを心ゆくまで見て欲しい。インターネットはその夢を100%かなえてくれます全ては無料だからゆっくりと楽しんで欲しい!

そのセンスを頂きたい!

カスタムバイクにおいて「チョッパー」とは

いわゆるチョッパーハンドルをさすのが一般のようになっている。

しかし本来の意味は「チョップ=そぎ落とす」ことをさしており

軽量化によってトップスピードやスタートダッシュを

よりアグレッシヴのするためのことをさすものらしい。

しかし何でもかんでも落とせばいいというものでもない。

そこにきちんと美的センスがともなっていなければならない。

つまり野暮になったらナンセンスなのだ。

強いものは美しく、美しいものは強くなければならない。

これは存在においてパラドックスのように思えるが

自然界では意外とあたりまえのようだ。

尾長鳥の話がある。

尾長鳥は尻尾の長い比較的一般的な中型の野鳥だ。

尾が長いのはオスだけであり、メスは普通の尾である。

統計上、交尾率は尾の長いオスが多い。

尾の長いオスのほうがメスにもてるらしい。

しかしここに弊害もある。

尾が長いことで高速で飛行することが困難になる。

餌をとり難かったり、天敵を振り切ることも困難になる。

短ければこれらの問題はクリアされるものの、交尾率は低くなる。

尾が長く、力強い翼を持つものがより子孫を残しやすくなるのだ。

遺伝子が求めるものは、ここでは単純に

美しく強いものと言うことになる。

「粋でいなせ」と言う素晴らしいことがある。

粋とは他とは一風違うようにわざと気張って見せること。

いなせとは、いなす=他になびくこと。

「品格」と似ている。品=おしとやか=美しさ=か弱さをさし

格=威厳=力のある様=強さを表すと言われている。

この両極の中で葛藤し不自由なこと

実はこれを生きると言うことらしい。







ロックンロールの意義

ロックンロールが生まれて半世紀が過ぎた。

音楽的定義から言えば8ビートは一般のポップスの根底に

基本的にフォーマットされ、過激と言うイメージはもうない。

では精神性はどうか?

1960年以降、ハードロックやパンクス

ニューロマン、グランジ・メロコア・ヒップホップと

形を変えて受け継がれていると思える。

それは何か?

時代によって解釈もことなるため、一概に言うのは難しいが、

あえて言葉にするなら「反抗」ではないだろうか?

しかも正規のスタンスを取らず、自然にわきあがるもの。

一見だらしなく失礼にさえ見えるスタイルの中に

確固とした主体性が存在する。

若さともいえるかもしれない。

若者なら誰でも持っているもの、年齢を経ても失ってはいけないもの。

決まりきった様式の中で変化をもってしか打破できない

無修正な心の叫びだろう。

ブルースを起源として産み落とされたロックに過激さを感じるなら

スピードよりはむしろ走りにこだわりたい。




働く

働くと言うことはどういうことなのだろうか。

経済的に成長が止まってしまった日本であっても

なんらかの職業にたどり着くことが出来るだろう。

狩猟生活の狩猟とはだいぶ違っていると思う。

こちらは切実に今日食べるものの確保に直結している。

それからすると働くとは、即ほしいものが手に入る状況はさしていないように思う。

ある一定のスパンの蓄積によって糧を得る、多分農耕生活以降の概念が

しっくりとくるのではないかと思う。

換金社会ではお金さえあれば働かなくても食べ物にありつくことはできる。

しかし本来は働いてお金を得て、それを移住食に変えてゆくことが普通である。

原始生活から見ればかなり効率よく生命を維持することが可能になった。

更に人々が集中するところでは、流通が行われることで収入が発生する。

かつての西アジアに栄えたビザンティンという国は宗教や人種の往来を一切問わず

自由貿易国家としてその位置を明確にしたため、ヨーロッパとアジアの重要な

中継地点として繁栄を極めた。

今日のインターネットの時代にも同じようなことが言える。

労働とは色々な形となって展開される。

職業を見れば各時代の発展の成熟度をうかがい知ることが出来るだろう。



スポーツの必然性

今日ではスポーツは肉体で戦う文化的なエンターティメントとなっている。

社会が作られて、命を落とすような戦いがなくなっても

人間はその本能をどこかで昇華しなければならない。

そのためにも安全でエキサイティングなテンションを維持できる

ルールが必要なのである。

しかしこの様式が複雑になるとこれが重荷となって

自由なプレーが出来ずに選手も観客も減少してしまうものも

少なくは無い。

原始的な時代に戻れるわけは無いので、ここを

どういう風に設定してゆくかが、スポーツ競技を楽しくする鍵だと思う。

話は少しここから離れる。

アメリカではF-1レースに観客が一万人来場したとする。

しかし同じサーキットで次週ドラッグレースが開催されると

十万人の観客が訪れると言われている。

お国柄もあるだろうが、そのシンプルさに観客は熱狂するのだろう。

エンターテイメントとプレーヤーの精神性を

完全に一緒に語ることが出来なくても

観衆の注目する視線は選手のモチベーションを上げる

一番の要素だと思う。

今、地上で最後の戦いが始まろうとしているとき

そこにどんなルールがあるのだろうか。

それはきっと無修正なものに限りなく近いと考えるのである。






そしてビデオカメラはまわり続ける

自動現像カメラから長い年月を経て

フィルムの現像を介さない媒体がデジタルカメラに移行

この時点で視覚的記録のリミッターが解除された。

そして小型ホームビデオが完全に汎用化され

普及することで音声と動画でさえ記録することの制限が

一気に解き放たれたといっていい。

1960年代、ポップアート全盛の時代に芸術の解釈が

論議されるさなか、時代の異端児アンディ・ウォーホルは

そんなことはどこ吹く風とテープレコーダーとポラロイド社製の

カメラを携えて昼夜を問わず、人の集まるところに通い続けた。

記録すると言うことは創造ではない。

しかしそこに制限が無いことはその記録者のモチベーションを

強く刺激する。

どこまでも追いかけようとすること、そこに限界は無いと

思えたとき、全ての規制が取り払われて

人はそこに没頭できるものだと思う。

狩猟遺伝子の躍動を感じずにはいられないのである。



栗とリスの絶妙なバランス

自然界の食物連鎖のバランスは良く出来ている。

例えば栗とリスの関係を考えてみよう。

ある年栗の木に沢山の実がなったとしよう。

リスはそれらを沢山食べる。

また多くの個体がそれらにありつくことが出来るので

繁殖がおおせいになり個体数が増える。

しかし自然の環境によって栗の木になる

実は毎年一定ではないので

実が少なくて、リスの個体が多くなると

個体数は減る。

木は全て実を食べられてしまうと

芽を出す種まで食べられてしまうので

リスの爆発的増加は避けたい。

こうして実と個体数には

健全な関数幅が存在するのだ。

規制によって設けられた関係ではなく

物理的且つ実務的な相互関係の上に成り立つ

黄金比のようである。

本来の天秤はこの用に機能していることが健全だと思う。

需要と供給の間に国家や倫理などの後付的問題は

山積していても、よりプリミティヴな構造を

紐解けばおのずと道は開けてくるのだと思う。







開拓魂とパイオニア精神

一箇所にとどまることなく新たな場所を求めることは

古来から人類のしてきた功績である。

飽和した既知のカテゴリーから新たなジャンルを

開拓することは並大抵の努力では成しえることが出来ない。

だからそこに大きな価値を見出しているのであろう。

フロンティアスピリッツはそこかしこに存在する。

しかしそれを成し遂げるには多大な労力を伴う。

そこまでして我々はなぜ求めるのか?

答えは無修正だ。

見たことの無いものをその目で見たいのだ。

新たな経験として脳内記憶にインストールする。

片側から橋をかけていくように

未開の地に突き進んで行くのだ。


close